音量規制について


事前に確認をお願いします。

下記基準以下であればK-MAXバッフルは不要です

■走行可能な排気音量は下記の通りとなります

・Aコース:排気量を問わず 「119.0db以下」→レースはこちらの基準です。

・Bコース:排気量を問わず 「116.0db以下」

 

■ K-MAX適合バッフルが必要となるクラス及び車両

・一般市販4ストロークモトクロッサー150~450ccが対象で別紙に詳細を記載しています。

・国内トレールバイク ノーマルサイレンサー以外の車両及び旧車両等、大きな音量の車両。

・4サイクルオフロードバイクの輸入、逆輸入車。

 

■K-MAX実施施設が定める音量測定方法

・測定地点は右の図とする。

 サイレンサーより横斜め45度50cm後方で測定

・測定は最大値測定モードで行う(MAX-Holdモード)

・ギヤはニュートラルでレブリミットまで1,2秒秒間 レーシング(空ぶかし)

・アフターファイアー時の記録は除くこと(整備後再測定)  

※MFJ 2mMAX測定方法とは異なります。ご注意下さい。  (目安:2mMAX法では108.0db前後となります)  


■国内4サイクルモトクロッサー車種別のバッフルの必要・不必要データ

 

■国内4サイクルモトクロッサー音量対策の適応表
国内4サイクルモトクロッサーの排気音量データ

(K-MAXバッフル必要・不必要)を取りまとめた表となります。

左図を大きく表示(PDF)するにはこちらをクリックしてください。

PDFデータが最新データとなります。

 

この表でバッフル不要としている場合でも音量が規定値を上回る場合は走行出来ません。 

ご協賛・ご協力各社様

Contact

メモ: * は入力必須項目です